人生に少しのスパイス

雑記ブログ。書きたいことを書きたいままに ツイッター@naarusan822

誰でも毎日8万円貰えるおいしい話があるらしい

f:id:yurinaaru:20170130221515j:plain


寒いですね。


適度にお酒を楽しみつつ、2月は自分の時間を大切にしようと決めています、どうもこんにちは、現役ホステスのなーるさんです。

なんとなく来月が来るのが憂鬱です。


そんな日はあったかいミルクティーを飲みながら読書をするに限ります。

今日はつい最近読んだ、久しぶりに深く考えさせられた本をご紹介したいと思います!





毎日86400円自由に使えるとしたら・・・・

あなたは毎日86400円自由に使うことが出来ます。
ですが、そのお金は次の日に持ち越すことは出来ません。



あなたはどうしますか?


私は、化粧品買ったり、本を買って読んだり、すこしいい食材を使ってお料理してみたり・・・・

きっと皆さんも、同じようなことを考えたと思います。


この言い方を変えると、どうにかして使い切ろうと考えますよね。

だって、次の日に持ち越せないのですから。




・・・実はこれ、1日の時間を表しているのです。

24時間は86400秒なので、1秒=1円と考えるとこのような考え方が出来ます。



この文を読んだときに、衝撃が走りました。
それと同時に、自分はどれだけ時間を無駄に過ごしているのだろうと反省しました。

きっとみんなどこかで時間を有効に使いたいと思っているはずです。

なのにふと振り返ってみると無駄が多すぎることに気づきます。


この本は、そんな時間の使い方をもう一度見つめ直させてくれる一冊です。

時間の使い方について考える


本書はアーノルド・ベネットが書いた自分の時間を渡部昇一氏が訳してくれている、2016年5月に出版されたばかりの本です。

1日24時間と言う限られた時間の中で、自分はどう生きていけば良いのか、なにを意識すれば良いのか、様々な視点から解説してくれています。



本を読む前までは、またよくある自己啓発本だろうなーと思っていたのでぶっちゃけ期待はしてなかったです



ですが、読み進めていくうちに早く、早く、と体が今にも動きそうなくらいエネルギーに満ちてきて、とてもやる気が溢れてきます。

読み終わるころには自分はもう以前の自分じゃなくなってるくらい、スーパーマンになったよ感がスゴイです。

むしろなんで今までしてこなかったの?余裕じゃん?とおもわせてくれるほど。



これは、間違いなく私のバイブル本になると確信しました。



一度手にとってみてほしい


正直自分はある程度確固たる意思を持って、それなりの生活をしていると思っていましたが、この本を読んで覆されました。

時間についてもっと考えるべきだったし、なにより時間を使うのは結局自分なのだから、もっと自分の時間について考えるべきだと思ってしまいます。


本の中で登場した、時間は他の誰にも邪魔されない、皆平等に与えられた財産という言葉が痛いほど刺さって、あっという間に読み進めてしまいました。

読み終わった後に得られる、ある種無敵を感じるエネルギーをどこに向けるべきなのか、普段から意識すべきことや、考え方を柔軟にするテクニックが書かれています。


その割りにボリュームもすっきりしていて読みやすいので、バイブル本として一冊手元においておくのにとてもいい読み応え感。
あんまり長すぎると読むの疲れちゃう私にとって、ちょうどのこの感じの良さ。






たまには早起きして、行けたらジムでも行こうかな・・・が、早く寝て明日に備えてジムでヨガするぞ!まで変えてくれるの、とってもすばらしいと思います!


明日はジムでヨガするので2時には寝るぞー!えいえいおー!


自分の時間 (単行本)

アーノルド ベネット 三笠書房 2016-05-11
売り上げランキング : 1868
by ヨメレバ






ここまで読んでくださってありがとうございます!

こちらの記事もよろしくおねがいします。

titi.hatenadiary.jp
titi.hatenadiary.jp

ホステス流節分の過ごし方とは?


f:id:yurinaaru:20170128162851j:plain
どうもこんばんは、現役ホステスのなーるさんです。


さて早いもので2017年も1ヶ月を過ぎようとしています。

お仕事はじめから挨拶回りや新年会、やっと落ち着いて普段どおりになってきたという感じでしょうか。




魔の2月がやってきます

2月。1年の中で1ヶ月が短い月とも知られていますが、商いの世界では2月はあまり良い時期ではないのです。

一般にはニッパチ(二八)は客足が遠のくと言われ、2月と8月は少し厳しい時期だといわれています。


その原因とは・・?

2月と8月に売り上げが落ちる理由として、

2月は、12月から1月にかけてクリスマス・忘年会・新年会・正月などがあり、その反動で2月は外出もしくは出費を抑えようとするためですね。


これはとってもよくわかります。
1年の中で12月と1月って特に出費が重なりますよね。



また季節的な要因も関係していて、外が寒すぎるのでお客様の購買意欲が落ちるといった理由もあります。

季節的要因は8月も同様です。暑すぎて購買意欲が削がれると。


8月はお盆もあるのでお店に行かない時期が増えるというのも理由のひとつかもしれません。




水商売の世界は景気の波を受けやすいので、特に顕著かもしれません。




その対策として

その対策として、昔から夜の街では2月にお化けというイベントを行っていました。

お化けとは、ホステスさんたちが仮装をして鬼を追い払う厄除けの意味を込めた、江戸時代から続く夜の街の節分の行事です。

約50年前までは各地で行われていたこの行事ですが、今ではあまり行われなくなってきたみたいです。

その中でも今もなおこの文化が続いているのが京都の祇園大阪の北新地です。



歴史的な長さで言うと、祇園のほうが古く、北新地のお化けは祇園を参考に昭和30年代後半から始まったとされています。


夜の街伝統のお化けとは

厄除けの行事として節分に行われていたお化けですが、今では不景気の町を少しでも盛り上げて客寄せしようという街を上げてのイベントになっています。

特に北新地では毎年お化けの時期になると、北新地の街をずら~っと何百人のホステスや高級クラブのママたちが練り歩く姿を見れるそうです。


また仮装の種類も、花魁姿やメイドといったコスプレチックになっています。
そうしてホステスの女の子たちも、それをアピールしてがんばって営業するのですね。



2月は飲みに出ることが少ない?


『2月は少し飲みにいくのを減らそうかな・・・』

・・・なーんて思ってるそこのみなさん!


特に関西圏の方は、これを機会に節分には祇園や北新地に行ってみたらいかがでしょう??


すごい飲み会!飲み会をビジネスチャンスに変える70の方法

ビジネスコミュニケーション コンサルティング 西東社 2008-08-19
売り上げランキング : 585080
by ヨメレバ


こちらの記事もよろしくおねがいします!

titi.hatenadiary.jp
titi.hatenadiary.jp
titi.hatenadiary.jp




ここまで読んでくださってありがとうございました!