読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生に少しのスパイス

雑記ブログ。書きたいことを書きたいままに ツイッター@naarusan822

キャバクラに行くことは悪いこと?

どうもこんにちは、現役ホステスのなーるさんです。
世間は3連休、かくいう私も3連休。嬉しいようなそうでないような。


皆様はいかがお過ごしでしょうか?






私が勤めているクラブでは土日祝日は営業しておりません。
接待などで使ってくださるお客様が多いので、お客様がお仕事でない日は私たちもお仕事ではないのです。

しかし、最近数が増えてきているキャバクラは土日祝も営業しているお店が多いですよね。


キャバクラ嬢の方はいつ休んでいるのだろうといつも不思議に思います。
1人でも行きやすいので、お客様も仕事の日だろうとそうでなくとも時間さえあれば行かれるイメージです。


私も20前後の頃はキャバクラで働いていましたが、あのキラキラ着飾った異空間のような感覚とは裏腹に、個人売り上げ至上主義なので、常に自分との戦いをしなければならない辛さとのギャップにとても苦しんだ覚えがあります。


ドリンク1杯から抜き物まで全て個人にバックが入るので、当時はシャンパンが空く度に頭の中でお金がチャリンチャリンと音をたてていました。笑

立てないくらい酔っぱらって、死ぬかもしれないと思うくらい何度も何度も吐いた夜はいい経験です。





女性の方で水商売と縁がない方は、もしかしたら汚らわしいイメージを持っている方もいるかもしれません。
だって、自分の彼氏や夫がそういうところに行って楽しそうに飲んでいたら、いい思いはしないですよね。


男性の方はどうでしょう。
とても真面目で奥様一筋の方や、倹約家の方だと、なかなかそういったところに行く機会はあっても断るのですかね。
サラリーマンをやっている方なら一度は付き合いなども含めて来たことはあるんじゃないでしょうか。


f:id:yurinaaru:20161008134426j:plain



お水の世界といっても様々なお店があります。
ガールズバーやスナックからラウンジ、キャバクラ・クラブまで。
繁華街で最近増えてきているのはキャバクラだと思います。
一時期、女子小学生が将来なりたい職業でキャバ嬢がランクインしたということで話題にもなりましたね


キャバクラは、1時間いくらというセット料金を基本に女の子と1対1でお話しながら飲める場所です。
1対1というのがお客様にもウケています。
また、若い女の子が多いのも特徴です。

ミニドレスを纏って髪の毛もしっかりセットし、高いヒールで歩く様は同じ女性としてもとても綺麗に映ります。
そういった姿はやはり女心をくすぐり、また憧れてしまうのでしょう。






さて男性の皆さん。
最近そういったお店に飲みに行っていますか?

「無駄な金がかかる」「面白くない」
様々な意見があると思います。たしかに同意できます。



世の中には遊び感覚で働いている子がいるのも事実です。

ですが、しっかりとお店を選べばきちんと楽しく遊ぶことができますよ。
キャバクラで女の子と楽しく遊びたいなら、1セットで1ドリンクくらいは出してあげましょう。
それだけで女の子のやる気が変わりますから。笑


なぜそこまでしなきゃいけないんだと思う方は辞めておきましょう。お遊びに向いてません。
自分だけが飲んでいて、女の子はグラスすら持っていない状態で楽しく話をしようというのが間違いです。


連絡先を聞かれるのがうっとうしいという方もいるかもしれませんが、きちんと断るなら断れば相手も引き下がります。
お水の世界にとって連絡先を聞くのは営業としてやっていかなければいけないことなのです。
その先どうなるのかは男性が期待していることはさておき、一個人同士のやりとりなので、何もいえませんが・・・


お客様と付き合うホステスは一定数いますよ、とだけ言っておきます。笑






近頃は飲みに行くにしても女性がいるお店には来ないまま解散してしまうことが多いみたいですね。
そんな方もぜひ、久しぶりに飲みに来られてはいかがでしょう?
精一杯おもてなしさせていただきますよ。


クラブは敷居が高い・・・と思っている方でも、まずはキャバクラから行ってみてはいかがでしょう。



経済を回すためにも!!!と、それらしいことを言って締めさせていただきます。


それでは、最後まで読んでくださってありがとうございました。