人生に少しのスパイス

雑記ブログ。書きたいことを書きたいままに ツイッター@naarusan822

女子大生のアルバイトに水商売をおすすめしたい

f:id:yurinaaru:20161010225626j:plain
こんばんは!
現役ホステスのなーるさんです。

雑記ブログを立ち上げた訳は日々の自分の意見の主張の場がほしかったのと他との交流を広げたく始めたいからですが、いざ書くとなると書きたいことがありすぎて逆にまとまらないですね。笑



今回は女子大生のアルバイトとして水商売をオススメしたい、その理由と個人的な意見を書いていきましょう。


はじめに、これは私個人が実際に経験して思ったことを書いています。学業もがんばりたい、けど生活もしていかなくちゃいけない。なのでそういった方のためにこういう選択もあるんだよ、と伝えたいから記事にしているので、あくまで参考程度にお読みください


個人的に詳しく話が聞きたい!と言う方はツイッターまで問い合わせお願いします!

twitter.com



なぜ、女子大生アルバイトで水商売を薦めるのか?

まずこの記事を読んでいる方はこう思うことでしょう。

そのまえに、水商売とざっくり書きましたが私はその中でもラウンジやクラブをおすすめしたいです。

ラウンジやクラブをいきなりおすすめされても、水商売のお店の違いってあまり分からない方もいると思います。なので詳しくご説明致しますね。


水商売の職種というと、ざっくり分けて

ガールズバー
•スナック
•ラウンジ
•キャバクラ・ニューキャバクラ
•クラブ

などに分けられます。


まずガールズバーは今回割愛します。また後々更新させてください!

キャバクラとは

キャバクラの説明になりますが、キャバクラは、一人のお客さんに対して女の子は一人、つまりマンツーマンで着きます。
そしてセット料金等もクラブに比べると安めです。


女の子たちの給料は、基本的に時給+抜き物(シャンパンなど)のバックや、ドリンクバックが軸となります。なので女の子はドリンクやシャンパン等を煽る営業になります。
飲めば飲むほど自分の給料に直結しますからね。


指名バック等もあるので、もちろん指名してもらうためにたくさんフリー席でたくさん自分を売り込んで指名に繋げていこうとします。
他にも同伴バックもあります。

指名客が多くてもシャンパンなどで単価を上げられていないと、指名本数の割りに給料は・・・ということもよくあります。

クラブとは

キャバクラに対してクラブは、1人のお客さんに対して複数人の女の子が一緒に着きます。
1人のお客さんに対して2~4人ほど。

キャバクラと同様、指名制度やバック制度があるところもありますが、大きな違いとして口座と言われる制度があります。

あるホステスの口座客(指名のようなもの)は、永久指名となりそのホステスがいなくともその口座ホステスの売り上げとなります。


なので基本的にその口座ホステスだけではなく、店と女の子全体でお客様に営業して引っ張って席を盛り上げるので、キャバクラの個人売上主義とは違って、みんなで売り上げを作っていくといった形になります。

この違いから、キャバクラでは友達が出来にくいけど、クラブだと友達ができやすいというホステスもいます。
もちろんキャバクラでも友達が出来るとは思いますが、売上やお客様の取り合いで争いが起きているのも事実です。


またラウンジは、クラブと似たようなシステムですが、クラブに比べてセット料金が少し安価になります。

最近このあたりの括りがアバウトになってきている気がします。
ラウンジのようなクラブのような、みたいなお店が増えているので、あまり気にしなくても良いかもしれません。

お店のランクを見極めるのは、セット料金を見ると良いでしょう。
セット料金が高いほど高級店で、客層も良いと捉えていいとおもいます。


ですがここで書いていることはあくまで一般的なことを書いているので、厳密に言うと店ごとで少しシステムが違っていたりすることもあります。ご了承ください。




クラブで働くメリット

カテゴリを理解した所で話を戻しましょう。

女子大生というと20歳前後ですよね。
水商売とだけ聞くと怖いイメージだったり抵抗がある方も多いと思います。


先に言っておきます。それなりのリスクももちろんあります
親バレや友人バレ、お酒が極端に弱かったり、最低限の身だしなみができない。ばれても大丈夫という方は良いですが、身だしなみやある程度の常識はもちろん必要になります。


お水の世界のマナーは、オーナーママが教えてくれるので大丈夫です。少しずつ慣れていきましょう。



ですがただデメリットだけでもないんだよ、ということを伝えたくて書いているので、悪いところも良い所もきちんと伝えようと思います。


女子大生がクラブで働くメリット

まずはざっくりと書きます。

メリット
•社会勉強になる
•給料が良い
•あまり負担にならず続けられる
•予測されるリスクが他に比べて少ない

それぞれ詳しく見ていきましょう。

社会勉強になる

これはクラブで働くからこそです。

都心部などでセット料金が数万以上〜のお店であると、ある程度社会的地位が高い方がお客さんである場合がほとんどです。クラブだと、きちんとお客さんの名簿もお店が管理しているので、一見の方は入れない会員制の所が多いです。


また、お越しになるお客様は、会社の接待としてまた別のお客様を連れてきて飲みに来てくださったりします。

接待というのはその時の商談を良いものにするためであったり、今後の会社同士の付き合いを考えて行うものです。そこでクラブにわざわざ来ていただけるお店というのはとても光栄なことであり、同時にホステスは接待されている側のお客様をきちんと見分け、もてなさなければいけません。

大学生の内にそのような意識をもって仕事したり、社会的地位が高い方とお話するという機会はそうそうありません。


なのであなたはもしホステスの仕事をするならば、自然と新聞やニュースに耳を傾けることでしょう。そうでなければホステスとしての仕事をこなせられないからです。

社会に関することを話したり、社会勉強することは20歳前後ではなかなかする機会がありません。この経験は、きっとあなたが今後社会に出た時に役立つ時が来るでしょう。

実際私も働いてみて驚いたことはたくさんありますし、毎日が勉強になることばかりでした。女子大生ということを伝えると、「まだまだこれからだね」と言ってくださる方がたくさんいらっしゃいます。自分は、無知であることもある意味武器になるくらい許される時期なんだと気づいたのはそう遅くありませんでした。

このとき私は、この自分の立場を利用して、吸収できるだけたくさんのことを学ばせてもらおうと思い、ホステスをしていました。

実際に学生でホステスをしている子は、年上の方にも怖気づくことなくしっかりと話すことが普段から見についているので、就職活動の面接で他の学生と大きく差をつける話し方が出来る子が多いそうです。



給料が良い


飲食店のアルバイトをするとおおよそ時給1000円前後。ホステスだと時給は3000円〜場所によってはびっくりするほどの時給のところもあります。

せっかくの華の大学生、勉強する時間ももちろんですがオシャレや遊びもたくさんしたいと思います。
お金がない、けどそんなにバイトに時間割けない!そういった方には好都合なのです。

ただ、あまりにも時給が高すぎるところは売り上げや同伴ノルマも比例してきつい場合が多いです。
高すぎる給料の裏には必ずなにかその分きついことがあると思っていてください。それでも稼ぎたい!という根性がある方はぜひ飛び込んでみてください。
水商売といえども同伴とはそんながっつりしたところは…という方はきちんとノルマがないお店を選びましょう。

体験入店という制度を使って1日体験でいろんなお店で働いてから決めてみるのもいいかもしれません。その際に、在籍嬢にノルマや給料の話を聞いてみるのもいいですよ。

あまり負担にならず続けられる

ここでいう負担とは、身体的・精神的どちらの意味も含みます。

キャバクラだと、個人主義なので給料がほしかったらきっちり売り上げないといけない。なのでたくさん営業したりお酒を飲まないといけないです。

もちろん毎日連絡を取って、同伴できる時にはして…学校や課題もあるのに、そうなると体力持たないですよね。

クラブだとみんなで売り上げるという姿勢なので、ボトルのお酒も他の女の子も一緒に飲むので一人一人の負担が少なく、また営業もヘルプのホステスであればがっつりしなくても大丈夫です。

お店によっては同伴ノルマが課されている場合もあるのできちんとお店に聞くことも必要です。

女子大生がクラブで働くデメリット

デメリット
•実家暮らしだとバレるリスクがある
•金銭感覚の狂い
•ある程度下ネタ等をかわさなければいけない
•お酒を飲む仕事である
•帰宅時間が遅くなることもある

バレる可能性がある

水商売をすることに対してまず一番始めに思うことは、親や友人にばれる可能性があることだと思います。

一人暮らしだと、彼氏にだけ気をつけていれば基本はばれることはないでしょう。ただし、羽振りが良くなったり身に着けているものが急にいいものになった・・・とかはもちろん周囲に怪しまれますよね。また実家暮らしだと遅くまで働くと疑われてしまうかもしれません。私のお店の女の子はいつも20時~23時の間だけ出勤していました。時給は4000円なので1日で12000円の稼ぎ。着物を着てくることもあるので、「親にはなんて言っているの?」というと、「料亭だから自分の着物も着ていいの」と言っているそうです。賢いなと思いました。笑


正直なところ、水商売というだけで批判されることもあります。また、親としての立場の方だと反対をせざるを得ないのも分かります。
私は一人暮らしだったのもあり、奨学金を返済する傍ら続けてこれました。仲が良い友人と親友にだけは伝えて、親にも言っていませんが悪いことをしているとは思っていません。ですが、私はこの仕事が原因で彼に浮気されて別れてしまった経験があるので、彼氏がいる人はきちんと言うか、ばれない努力をすることをおすすめします。笑



金銭感覚の狂い

働いてみて分かると思うのですが、1日でもらえる給料の額が普通のアルバイトと比にならないと思います。

時給3000円で週5日、5時間働くとすると
3000×5×20=300000

時給5000円で週3回、4時間働くとすると
5000×4×12=240000

これほどの月収になります。普通の女子大生じゃ考えられない額です。
これを貯金するか遊びや自分のほしいものに使うかは自由ですが、これに慣れてしまうと社会に出たときに非常に困ることになります。
自分にかけるお金はもちろんですが、学生の間は自分は学業に精一杯打ち込めるように労働時間を減らしているのだということを忘れないようにしましょう。

新社会人は週5でフルタイムで働いても20万あるかないか。学生時代にお金の使い方をきちんと自分で節制していればこのような生活でも困ることはないでしょう。

一度上げてしまった生活の質を下げることは難しいのです。

あまりにも金遣いが荒いと周りに怪しまれる可能性もあります。このことを踏まえてきちんとお金の使い方を考えましょう。

セクハラ以上の下ネタを受ける覚悟

会員制のクラブはお客様の質も他に比べて良いです。
ですが、あくまでも女の子とお酒ありきの場所。セクハラだといわれることを受けないとは断言できません。

お酒が入ると自制がきかなくなるので、いろいろなことを言われたり、触られたりするでしょう。それをある程度のラインまで許し、またかわせる能力をつけていく必要があります。


はお触りが激しいお客様には自分から手を握って、手を封じていました。笑
また、他のお客様などに冗談ぽく「○○さんが触ってくるんですよー!助けてください~!」など言って『おいおい、次やったら俺が怒るぞ!笑』と他の人にダメと言わせて自分や他の女の子を守ったりしています。

断言します。下ネタを嫌う男性はいません!!!だからこそ、その場その場で自分が下ネタを言ったり、下ネタに反応したりして場を盛り上げる必要があるときもあります。ある程度の覚悟は持っていてくださいね。

お酒を飲む仕事である

クラブだと、お客様が入れているボトルのお酒をみんなで飲むのが基本になります。そのボトルのお酒もウイスキーや焼酎がほとんど

お酒が苦手なのを他の女の子に伝えておくと、席でお酒を作るときに自分の分だけ薄く作ってもらえることもできます。しかし、水商売は飲む・喋る・聞くが基本。飲まないといけない場面で断ってしまうと場が白けてしまい、お客様もいい顔をしません。

あまりにもお酒がダメな人は喋りで頑張ったり、他の人以上に細やかな気遣いなどでカバーするのがいいでしょう。

また、お酒を飲むと浮腫みやすくなるので、太ったりすることがあります。そのため普段以上に食事や運動に気を使っていかなければいけない可能性もあります。


帰宅時間が遅くなることもある

水商売は夜のお仕事。クラブでもそれは変わらず、営業時間は基本的に20時~25時のところが多いです。ですが、お客様が帰らないと終われないので残業もしばしば。
ラストまで出勤していたらかえってお風呂入って・・・寝るの何時?という時間になります。

また、お客様によってはアフターを申し出られることがあります。アフターというのは、次の来店に繋げるため、店の営業時間後に一緒にご飯などたべにいくことなので、お店側からするとあまり断ってほしくない事。


これは、オーナーママから指示されていくこともあれば、お客様から誘われることもあって、さすがに何度も断れません。帰宅時間が遅くなってもきちんと生活リズムを崩さずに学校生活を優先できるように自分で調節することが大切です。








いかがでしたか?
クラブでのアルバイトは一見華やかに見えて実は結構きつい部分もあるお仕事です。ですが、その分得られるものもたくさんあると思います。
また、今もまだ一般的には良い印象を持たれない仕事です。いくらプライドを持ってやっていたとしても、水商売だというだけできつく非難されることもあります。これど、これは仕方のないことなんです。


学生という立場はものすごく恵まれています。なぜなら、例え水商売のアルバイトを始めたとしても、『学生』といういつでも戻れるポジションがあるのですから。
もし始める方がいるのなら、きちんと学業のため、夢のためということを忘れず、しっかりと前を向きがんばってくださいね。


こちらの記事もどうぞー!
titi.hatenadiary.jp
titi.hatenadiary.jp




質問や相談などはプロフィールのツイッター(https://twitter.com/naarusan822)まで。

最後まで読んで下さりありがとうございます。