人生に少しのスパイス

雑記ブログ。書きたいことを書きたいままに ツイッター@naarusan822

ホステスがお客様に騙されそうになった話。


どうもこんばんは、現役ホステスのなーるさんです。



今回は私が実際に詐欺に遭いそうになった話をしようとおもいます。


どうぞ最後までお付き合いくださいませ。






きっかけは去年の12月

これ、結構最近の話なんですよね。

世間は慌ただしい12月。夜の世界も同じです。



いろんなお客様が接待や忘年会などで来店されている中、ある店の女の子から

『今からお客様が3名来られるんだけど、なーるちゃんに着いてほしい。』

と言われました。



実はこういったことは少なくなくて、そのお客様のお連れ様をお店に引っ張るために、好みの女の子を着けたり仲良い女の子を着けたりすることがあります。


先輩のお姉さんからの頼みでもあるので、私は二つ返事で了承しました。




『ありがとう!その人は私の古くからのお客様なんだけど、投資家の人で~・・・』





投資家・・・・

うちのお店にはあまりいらっしゃらない職業の方だなあと思いましたが、とりあえずそのお客様を待つことに。






投資家といっても様々


お客様たちが来店し、指名の女の子とヘルプの私たちが席に着きます。

2名は少しふけ顔の30代の方、もう1人は少しオジサマ感が強い50代の方。

お姉さん指名のお客様は30代のとっても紳士で優しいお方でした。




いつものように接客しているとデイトレを始め、様々な投資をされている方みたいでした。
企業にも投資されているような方で、頭の片隅で凄い人たちなんだなあと思ってた以外は普通に過ごしていました。



その中で50代の男性が
『お金なんて稼ごうと思ったら誰でも稼げるんだよ。みんなはその方法を知らないだけ』

と言い、私含め女の子たちが『それを教えてくださいよ~』なんて言ったりしてました。




お客様が帰ったあと、お礼のメールをしてまた週明け営業メールでもしようかな・・・と思っていた矢先に、その50代の方から連絡がありました。


『この前言ってた投資の話、聞きます?』




このときの私は営業終わりでなかなか酔っ払っていたのもあって、何にも考えずに『え!聞かせてくださいー!ぜひお願いしますっ』なんて返していましたwww








翌日携帯を見たらその人と何度かやり取りしていて、一応参考資料としていくつか動画が添付されていました。



そこで初めて名前を見たのが、Divveeです。



・・・そうです、今流行のwwww



そのとき私はなにも知らなかったので、どの動画を開いてみると


・ど素人でも100万円稼げる理由

・助け合いのプログラム!これならみんなと一緒に豊かになれる!


・・など、なんとまあ寒い内容が。






お金のことでたくさん苦労してきた私はこの手の話が大っ嫌いなので、朝起きて寒気がしました。





さらに読んでいくと、その方から

まあ、すごいビジネスだからこそやっかみで否定する人もいます。
ですが長年この世界を見てきた僕がみてもしっかりしたビジネスです。トップの人に話をしてもらいますので興味があったらぜひ。




これを見たはじめの感想は、いや、あなたから説明するんちゃうんかーい。です。

これもう今まで何回もされてきたねずみ講の勧誘ビジネスの定型文じゃないですか。





もう怪しさマックス。


しかも私はお店で会ったときは隣に座ったことも泣く、あまり話した記憶もないのになぜこの人は何も取り得もないわたしにこんなに親切に教えてくれるんでしょう?




怪しさしかありません。





この件で疑ってからDivveeのことについて調べてみました。



Divveeはつい最近日本に上陸したアメリカだかイギリスだかの新ビジネスらしいです。


毎日何十、何百と配信されるアプリをインストールしまくって評価つけるというもの。




そのあたりの詳しい説明はめんどくさいので省かせてもらいますね。





いつも思うのですが、こういった稼げるよ!だれでもできるよ!っていうビジネス、本当なら知らない人にそう簡単に教えませんよね??


仲良い人なら別ですが。



こういった系はすべて紹介することで紹介者にお金が入るマルチだと思っていいと思いますよ。






私はもちろん丁寧にお断りさせていただきました。

そのあともLINE攻撃が凄かったですが、お店のお姉さんにも了承を頂いてブロックさせていただきました。







いやーしかしすごい。

夜のお店に騙しに来る人がいるなんて。


特に高級店だと騙されるような頭が悪い人はいないと思うのですが、その根性が凄いと思いました。




なにはともあれ、皆さん気をつけてくださいね。



最後まで読んでくださってありがとうございます。

広告を非表示にする