人生に少しのスパイス

雑記ブログ。書きたいことを書きたいままに ツイッター@naarusan822

現役ホステスが社会復帰した話③

スポンサーリンク


どうもこんばんは、現役ホステスのなーるさんです。


今回も前回の続きからです!
全5回で終わる予定なのでもう少しお付き合いくださいませ。


titi.hatenadiary.jp
titi.hatenadiary.jp



目まぐるしく進む話


「よければ詳しく聞かせてほしいです。」


そんな感じで返事してしまった私は次の日に佐藤さんと会うことに。


またこんな形で会うなんて・・・と正直自分にもびっくりしましたが、私はこういった縁は必ず大切にしてきました。
なので今回もこのご縁が何か引き寄せてくれるかもしれない、そう思って会おうと思ったのです。


ですが正直不安でいっぱいでした。


もちろんいつまでもこのままじゃいれないのは分かってはいましたが、それがいざ目の前に迫ってくると次は途端に、”本当にこっちに進んで大丈夫なのか?”なんて不安が押し寄せてくるんですよね。自分が望んでいたことのくせに。

何事もキッカケが大事。今日のご縁は未来のご縁だ!!と意気込んで行きました。





待ち合わせのカフェに10分前に入ると、もう佐藤さんは座っていました。


「久しぶり!今日は時間作ってもらって悪いね。」


「とんでもないです。先日はありがとうございました。」


「たまにはああいう時間過ごすのも悪くないよね。ところで、お願いしていたものは持ってきてくれた?」



頼まれていたものとは・・・・・・なんと履歴書です。

まだどんな仕事かも聞いてないのに履歴書持ってこいだなんてほんと不安要素しかありません。持ってきたけど。



「オッケー。じゃあまずは不安だろうから僕から全て話すね。」



そういって佐藤さんは話し始めました。




紹介された仕事


佐藤さんは今回の経緯を話してくれました。

簡単に言うと
・佐藤さんの知り合いが若手の子を探している
・その知り合いが勤めているところを紹介したい


という内容でした。


私は正直、(佐藤さんの会社じゃないんだ・・・・)とがっかりしました。笑
佐藤さんの勤め先はあの5大商社の1つだったので、あわよくば私があの商社に?!なんて思っていましたが甘かったですね。


ですが大学院中退で就職したこともなくのらりくらりホステスしてる私にそんなところが勤まる自信すらなかったので、現実になってたらそれはそれでびっくりしてたのですが。





・・・なるほど話は分かりました。ですがその会社がどんな会社かもわからないのでもう少し話を聞くことに。








どんな会社だと思いますか?


・・・私も聞いてびっくりしました。





なんと、人材サービス会社でした。


あまりピンと来ない方もいるかもしれませんが、要するに紹介とか派遣とか、あと教育や受託などなど。人材に関する様々なサービスを手がけている会社ですね。


もっともっと言うと「人材サービス会社 ランキング」とかで調べるとまず上がってくるような企業でした・・・




「どう、興味持ってくれた??」


一通り説明されて佐藤さんに聞かれました。





悩んだ結果、私が出した答えは・・・








また次回に。

読んでいただきありがとうございます。