人生に少しのスパイス

雑記ブログ。書きたいことを書きたいままに ツイッター@naarusan822

現役ホステスが社会復帰した話④

スポンサーリンク


こんばんは、現役ホステスのなーるさんです。



f:id:yurinaaru:20170917003303j:plain




今回も前回の続きからです。
もう少しお付き合いくださいませ!

titi.hatenadiary.jp
titi.hatenadiary.jp
titi.hatenadiary.jp





佐藤さんから紹介された仕事はなんと人材サービス会社でした。
よくよく聞いてみると人材系の企業ではそこそこな企業らしい。(お客様でもあまりいない業界の方だったので正直知りませんでした・・・・)


職種は営業職。
どんなことをするかイメージもあまりできず、また果たして自分にそれが務まるのか全く分かりませんでした。


正直どんな仕事なんだろうと思って話を聞きにきたものの、全く想像もしてなかった業界で、ホステスをしていてもあまり接したことのない業界だったのもあり不安は増すばかり。



けれど焦っているのは間違いない。
そろそろ本気でちゃんとお昼の仕事をしないと私はこのまま一生ずるずるとホステスを続けていってしまう気がする。




「僕の知り合いがここで働いているんだ。
今人を探しているみたいでね、君が来てくれるなら喜んで推薦するよ。」



佐藤さんがさらに追い討ちをかけてくる。
どうしようか。うーーーーーーーーーん。




悩んだ挙句、私は腹をくくって決めました。



「分かりました。よければそのお話、進めていただきたいです。







佐藤さんは小さく頷いて、どこかへ電話し始めました。
きっとその知り合いの人でしょう。



電話している間、たくさんのこと考えました。
ああ、もうお昼の仕事をしたらホステスは卒業かなとか、そういえばお客様に何も言ってないなやばいなーとか、店になんて言って辞めようとか、これでやっと親も安心させてあげられるかな、とか。



ぐるぐるぐる。いろんなことが頭を巡りましたがとにかく私のこの選択は間違っていない!そう信じたくて、私の未来は明るいよねそうだよね!と思い込むようにしました。




そんないつもの生活が少し変わった冬の終わり。

佐藤さんとの出会いに感謝しながらその日は帰ることにしました。



面接と言う名の顔合わせ

数日後、私はその知り合いの方とコンタクトを取り、会社へ来るように言われたので向かいました。

一応面接のような、顔合わせのような。
その知り合いの方と会ったことがないので顔合わせという表現を使われていましたが、服装はしっかりスーツでね、と指定されたので面接のつもりで向かいました。


面接なんて初めてなので、なにをどうしたら良いかもわからずネットで調べる私・・・・。
昔就活しようとしてた時期に買ったリクルートスーツはあったので良かったですが、あまりに急だったのでパンプスがなかったんですね。

引越しのときに履かないからって捨てちゃったかなあなんて思いながら、これまたネットで探すことに。


するとネットでその日の内に発送、次の日には届くという神対応でなんとか乗り越えられました。
がっつり走れるヒール低めのものをチョイス。


ネットってすごい。今の時代に感謝。





で、会社に着いて受付へ電話し座って待っていると、現れたのは男性のスーツを着たおじさん。



「はじめまして。山名と申します。中へどうぞ。」


この山名さんという方がこの企業で働いている佐藤さんの知り合いです。
パリッとしたスーツを着ててとても仕事が出来そう。靴もぴかぴか。ネクタイも曲がってない。
とっても几帳面そうな方です。



その山名さんから名刺を受け取り着席。
名刺をふと見ると部長と書かれていたのでまあまあ偉い人なんだなと思って少し身構えます。



いろいろ自己紹介や佐藤さんとの出会いを話したりしましたが、座ってしまえば話は早く、結論から言うと


「君さえ良ければ入社してほしい。勤めるのが初めてだから4月からの新入社員と一緒に研修行ってきて良いよ。給料は院卒と同じにしてあげるよ」

こんなお話でした。



面接かと思って意気込んできましたが、話早すぎて全く着いていけない。笑
向こうは建前上君さえ良ければ、なんて言っているが、話し方から察するに「ここへ来たってことはもう入社の意思はあるよね?」と言わんばかりの話し方。
部長自ら出てきてくれたってことなのでもう採用前提で話すのは分かるけど、こんな面接もなしに入れるものなの会社って?




すでに4月以降のスケジュールを話されたり、研修の内容を聞かされたり。
いやもう有無を言わさずですがな。
あまりの勢いに引いてしまうほど。




・・・なんて思ってましたがこんな簡単に、しかも上場企業の正社員になれるなんて思っても見なかったので承諾しました。
内心ラッキー!としか思っていませんでした。この時は。
あとどうやって店に言おう急すぎて辞めさせてくれるかわかんないけどなんとかなるよねとか。


契約書とかいろいろ書いたり、労働条件明示書見せてもらったり。



そんなこんなで3月中旬に内定頂いて2週間後には社会人と言う超スピードで決まった新生活。



ちなみに言うと、この話佐藤さんと出会ってから10日間の話でした。


10日で上場企業の内定面接なしでもらえた。
字だけみると私めちゃくちゃすごい人みたいですよね。

けど何が起きたか自分が一番よく分かってないの私です!
あまりのスピードで環境変わりすぎて頭も体もついていってませんでした。


なんにも出来なかったただのホステスがたった10日で人生を変える出来事を体験してしまいました。
人と出会うだけでこんなに変わるものなのですね。



これでついに社会復帰か?!





とりあえず内定は頂けたので、まずは周りに報告とお店もどうするか考えないと。
もちろんその間は出勤していましたがまさかこんなにポンポン話が進むなんて思っても見なかったので何一つお客様にもお店の人にも伝えていません。




どうやって言おうか、どう対応していけば良いのか・・・・・









次回はこの続きからです。

今回も最後まで読んでくださってありがとうございます。